フルーツ青汁と普通の青汁




健康のため、美容のため、バランスのとれた食事を心がける方が多くいます。 しかし、普段の生活でバランスの良い食事をとることは思いのほか難しいのが現状です。 そこで手軽に栄養を補ってくれるのが青汁です。青汁にはミネラル、ビタミン、食物繊維など不足しがちな栄養素が多く含まれています。

ところが、青汁には特有の青臭さなどから敬遠する人も多くいます。そういう方には「フルーツ青汁」がおすすめです。 フルーツ青汁はさわやかなフルーツの旨みがたっぷり配合されています。そのため、フルーツジュースのように飲みやすく、たっぷりの栄養を摂取することができます。 フルーツ青汁は美容やダイエットにも効果的です。

その理由の一つに、栄養のバランスを整えることにより体内環境を整え、やせやすい習慣を作ることができるからです。 体内環境を整えると基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい体にしてくれます。

二つ目に、フルーツ青汁には何種類もの酵素が配合されているため、新陳代謝を活発にすることができるからです。 酵素には食べたものを消化し排泄する過程や、肌の新陳代謝なども酵素のおかげでスムーズに行われています。

三つ目に、乳酸菌が生きたまま腸に届き、老廃物を外へ押し出してくれるからです。 また、乳酸菌には内臓脂肪を抑える機能もあるため健康維持、ダイエットに効果的です。 忙しい朝食を青汁に変えたり、夕食前に青汁を飲むなど、手軽に取り入れやすいため長く継続することができます。 食事を抜くなどのダイエット方法は栄養が不足し、髪もパサつき、精神的にイライラしてしまいます。

また、便秘になり肌も荒れてしまいます。 フルーツ青汁は美しくダイエットすることができます。 必要な栄養素を十分含み、不要な脂質や糖質はカットしています。 体調を崩すことなく快適に、健康的に痩せることができます。 ダイエット、美容、健康維持、これらには栄養たっぷりで、飲みやすくおいしいフルーツ青汁を試してみることをおすすめします。

フルーツ青汁をプチ断食に利用




現代人の野菜不足を解消するために、最近再び青汁に注目が集まっています。青汁には健康によい成分が多く含まれていますが、反面美味しくないと言うイメージが付きまとっていました。 そこで登場したのがフルーツ青汁です。通常の青汁も最近では味が改良されて飲みやすくなっていますが、フルーツ青汁はそこから更に一歩踏み込んでおり、名前の通りフルーティで飲みやすいのが最大の特徴です。

同時に成分もしっかりしています。通常の青汁の原料としてポピュラーな明日葉や大麦若葉、クマザサといった材料はしっかりと配合されています。 また、乳酸菌や酵素が配合されており、お腹の調子を整えて便秘を予防してくれます。その飲みやすさも手伝って、特に若い女性を中心に人気を集めています。

フルーツ青汁は普段の生活で飲むだけではなく、プチ断食にも利用できます。プチ断食とは、一日間を飲み物だけで過ごし、食事を制限すると言う断食方法です。 固形物を食べずに水分だけを取ることで、内臓を休ませることを最大の目的としています。

他にも脂肪を燃焼させる、便秘を改善する、新陳代謝をアップさせると言う効果もあり、老廃物を外に出すデトックス効果も期待できます。 プチ断食を行う際に大切なのが、期間中何を飲むかと言う点です。ただの水では必要な栄養素を摂ることができず、逆に体調が悪くなる危険があります。

また、食事を我慢しているときに美味しくないドリンクを飲むのはストレスがたまります。そこでフルーツ青汁が登場するのです。 ビタミンやミネラル、食物繊維と言った栄養価をしっかり含んでいるので、食べ物を食べずとも必要な栄養をしっかりと取ることができます。 味もフルーティで飲みやすいためストレスもたまりません。粉末なのでアレンジが加えられるのも嬉しいポイントです。 ヨーグルトなどと組み合わせることで満腹感も得られるため、つい我慢しきれず食べ物を食べてしまうと言う失敗も起こりにくくなります。

フルーツ青汁を置き換えダイエットに利用




置き換えダイエットといってもいろいろありますが、最近ではフルーツ青汁を食事に置き換えるという方法が注目を集めています。 食事の変わりにドリンクを飲むことを置き換えダイエットと呼んでおり、普通の食事を摂取するよりかなりカロリーを少なくすることができるのです。

朝食はしっかり食べておきたいものですし、途中でお腹が空いてしまうのは嫌だと感じている人も多いでしょう。 フルーツ青汁のカロリーは11から15kcalとなっており、普通に朝食を食べた場合は500kcal程度となります。 ダイエットをするならやはりカロリーを控えたいものですし、フルーツ青汁に置き換えることでカロリーを9割程度抑える効果が期待できます。 しかし、これは水で溶かした場合となっており、牛乳などに溶かすとカロリーが増えるので効果が薄くなってしまいます。

昼食をフルーツ青汁にすると12時頃にはかなり空腹を感じることがありますし、カロリーが少ないとどうしても腹持ちは悪くなります。 しかし、置き換え自体には効果があると言えるでしょう。9割のカロリー削減できるため、短期間で効率よくダイエットしたいという人におすすめです。

ちなみに、夕食をフルーツ青汁に置き換えるという方法もあります。夕食は1日で最もカロリーが多いとされており、女性でも800から1200kcal程度のカロリーを摂取しています。 焼肉など高カロリーなものを食べると簡単に1000kcalを超えてしまうため、ダイエット中はカロリーを控えた方が良いでしょう。 フルーツ青汁は11から15kcalなのでほぼ10分の1となっています。

つまり今まで1日で食べていた分が10日分になるということですし、3日間置き換えるだけでもかなりの効果を期待できるでしょう。 1日約1000kcalのカロリーをカットできると1か月では約30000kcalをカットできることになります。 30000kcalを運動で減らそうとかなり大変ですし、普段から運動を行わない人はなかなか続けることができないでしょう。

人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム