青汁にはどんな効果が?

コレステロールを下げたい方に青汁は人気がある?


青汁にはコレステロールを下げる効果を期待することが出来るとされています。体内に存在しているコレステロールは善玉と悪玉の2つのタイプに分けることが出来ます。善玉コレステロールには体内の余分なコレステロールを吸収するという良い働きがあるのに対して、悪玉コレステロールにはそのような働きはありません。また、悪玉コレステロールが増えるとそれが血管壁に付着し、動脈硬化の原因となる可能性があります。


青汁で減らすことが出来るのはこの悪玉コレステロールです。青汁には食物繊維やビタミン類が豊富に含まれています。その食物繊維やビタミン類は不要となったコレステロールを体外に排出させるためには欠かすことの出来ない成分なのです。さらに、抗酸化作用も期待することが出来ますので、血管を健康な状態に保つ働きも期待することが出来ます。


体内の悪玉コレステロールが減ると、善玉コレステロールが増えますので、健康効果を期待することが出来ます。さらに、食物繊維には便量を増やし、スムーズに排出させるという効果もありますので、便秘解消にも役立ちます。腸内環境が整うことにより、新陳代謝を高め、肌荒れや美容にも良い効果を期待することが出来ます。


青汁の効果は飲んですぐにあらわれるというわけではありません。継続して飲むということが大切です。最近では、青汁特有の苦味やニオイを抑えた製品もありますので、青汁が苦手という人はそのような製品を選ぶと良いでしょう。続けて飲むためには飲み方にも工夫が必要です。


粉末タイプであれば、水に混ぜて飲むという方法が一般的ですが、苦手に感じる場合には、果物ジュースや牛乳や豆乳にまぜることにより、ニオイや苦味を感じにくくなりますし、蜂蜜などの甘味料を加える事でより飲みやすくなります。


普段の食生活では十分な量を摂取することが難しい栄養成分を手軽に摂取することが出来る青汁を、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム