青汁にはどんな効果が?

青汁を飲むと血糖値の上昇の抑制と糖尿病予防になる?


健康面でとても効果が高いことが評価されている青汁ですが、特に注目されている効果に血糖値の上昇の抑制と糖尿病予防があります。日本人がかかる病気の中で急増している糖尿病は、インスリンという成分の分泌が低下するが原因で起こる病気です。


インスリンは食事をした後に血糖値が急激に上がらないように抑制する役割があり、このインスリンがきちんと分泌されないと血液中の糖の値が高いままとなり人体に悪影響が出るようになります。


糖尿病は症状が進行すると腎臓の病気・心筋梗塞・脳卒中・狭心症を併発し、命を落としてしまうことさえあります。インスリンの分泌の低下は現代人の食事に野菜が不足しがちなことが、大きな一因となっています。栄養価の高い野菜が主原料となっている青汁を飲むことで、食事に足りない野菜を補うことができ血糖値の上昇の抑制と糖尿病予防が可能となるのです。


野菜が足りないと血糖値が上がりやすく、糖尿病になりやすいのには野菜に含まれる成分の働きが関係しています。食事の中で積極的な摂取が推奨されている緑黄色野菜には、ビタミン類・カロテン・食物繊維・葉酸・などの血糖値の上昇を緩やかにする働きがある成分が豊富に含まれています。


昔の日本人の食生活は野菜をたくさん食べていたので、糖質が多い食事でも血糖値が上がりにくく糖尿病を予防することができたのです。緑黄色野菜が主原料に使われている青汁には、血糖値を上がらないようにしてくれる野菜の成分が凝縮され豊富に含まれています。青汁を飲むことで食後血糖値の急激な上昇を抑えることができ、インスリンの分泌の低下を防止することができます。


血糖値が高めな方や糖尿病にかかっている方は、高血糖の抑制に効果のある野菜の成分を含んだ青汁を飲むようにしましょう。飲み方のコツとして食後ではなく、食前か食中に飲むとより効果があります。食前か食中に青汁を飲む習慣をつけるようにして、血糖値の上昇を抑えましょう。


人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム