青汁にはどんな効果が?

青汁は足のむくみ対策に効果を発揮してくれる?


夕方になるとズボンも靴もパンパンになり、浮腫んで辛いという人が多いのですが、浮腫とは医学的にフシュといい、体内の組織に余分な水分が溜まりすぎてしまった状態をいいます。一般的に浮腫む原因は、アルコールなどの水分の取りすぎや塩分の取りすぎ、運動不足で筋力が低下している場合に水がたまりやすくなります。


一般的な解決方法としては、アルコールを控えたり塩分の高い食品は控えること、運動をして足の筋肉を鍛えて水分の代謝を促すのが大切です。


また、最近では青汁が浮腫みに効果的だという声もあります。主成分としてはケールや大麦若葉、ゴーヤや明日葉などの緑の野菜が主成分です。この緑の野菜には食物繊維やビタミン、酵素やカリウムがたっぷりと含まれています。ここで注目する成分はカリウムです。カリウムは体内に蓄積された余分な水分を体外へ排出してくれる働きがあります。


そのため、浮腫みで悩んでいる人だけではなく、体内の塩分濃度が高い高血圧の方も、体に蓄積された余分な塩分を体外へ排出してくれます。そして、食物繊維は腸内を綺麗にするので、便秘で悩んでいる人にはおすすめです。


この青汁は1日一杯好きなときに飲めます。朝食はなかなか食べられず栄養が偏ってしまう人には朝食におすすめです。妊娠中や授乳中の方は、1日3食プラスαで摂取してください。また、薬ではないため速効性はありません。健康食品のため毎日かかさず続けることが大切です。


また最近では青汁ダイエットという言葉があります。理由は、主成分である緑の野菜には、体内に蓄積された余分なものを体内に排出してくれる力があります。そのため、ダイエットをしている人は置き換えダイエットとして活用したり、間食の代わりに飲んでいる方もいます。


昔は青臭くて飲みにくい物が多かったのですが、今は改良されて緑茶や抹茶味、フルーツの味などさまざまなフレーバーがあります。浮腫で悩んでいる人には青汁はおすすめです。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム