青汁にはどんな効果が?

青汁の便秘解消効果と冷え性改善効果について


手軽に栄養不足を補うことができる健康食品として青汁があります。青汁を毎日の健康習慣として飲むことで様々な健康効果や美容効果が得られます。便秘解消効果もその一つです。青汁に便秘解消効果があるといわれる理由は、青汁に含まれる食物繊維にあります。


食物繊維は消化されにくいという特徴があり、腸内で水分を吸収して便のカサ増しをするという働きがあります。そのことにより腸の蠕動運動が活発になりスムーズな排便に結び付けることができます。食物繊維は水分を吸収することで高い効果を発揮しますので、同時に水分をたくさん摂取するということもポイントとなります。


食物繊維は、便秘解消効果だけではなく脂質や糖質の吸収を抑えてカロリーカットさせる効果やデトックス効果があるので、ダイエットや生活習慣病の予防などにも役立ちます。青汁には食物繊維だけではなくビタミンやミネラルも豊富に配合されています。


大麦若葉やケールが主原料となっているので野菜が不足しがちな現代人の強い味方となります。様々なメーカーから様々な種類の青汁が市販されており、形状も粉末タイプのものや粒タイプのものや液体タイプのものなど種類豊富に揃っているので自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことができます。飲みやすさを重視しているものも多く、抹茶や緑茶のような味のものや甘みがプラスされているものなどがあるので美味しく無理なく摂取することができます。


大麦若葉やケールだけではなく、乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖などが配合されているものもあります。乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖は積極的に摂取することで悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整えて腸内環境を改善させる効果があります。


食物繊維との相乗効果でさらに便秘解消効果をアップさせることができます。ですので、つらい便秘の症状に悩んでいる人は、乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖が配合されている青汁を選んで摂取するのがおすすめです。


冷え性の方へ


女性に特に多い冷え性ですが、原因は主に血液の循環が悪いことにあります。血液は酸素や栄養素を身体中に運ぶ働きの他に体温を保つという役割があります。血液の流れが悪い血行不良の状態だと指の先などの末端の毛細血管が収縮してしまいしっかりと血液の温かさが伝わらなくなってしまい冷えを感じるようになるわけです。


原因としては、冷たいものを飲んだり食べたりしたために身体が冷えてしまったり、物理的に気温が低く寒かったり薄着といった直接的なことでも血管が収縮してしまい血行不良になることがあります。ホルモンバランスが崩れてしまったり、ストレスや緊張、食生活の乱れや睡眠不足といった生活習慣も血液の状態を悪くしてしまう要因になります。


それでも特に女性が冷え症になりやすい理由は、男性に比べて筋肉が少ないことが原因として考えられます。筋肉は身体を動かすだけではなく、血液を身体中に巡らせるポンプとしての役割もあるのですが、筋肉量が少ないことによって血流に勢いをつけづらいことにあります。さらに筋肉は熱を発する機能もありますので、筋肉量が少ないと体温も上がりづらいという理由があるのです。


また女性は整理があるので貧血になりやすかったり、ホルモンバランスが乱れやすいというのも冷え性になりやすい理由になります。


冷え性を改善するためには、血流をよくすればいいわけです。適度な運動をしたり、お風呂にゆっくり入って身体を温めるという方法もありますが、血行促進作用のある青汁を飲むとしっかりと栄養が取れるので代謝をよくして血流もよくすることにつながります。


青汁には血流をよくしてくれるビタミン類やポリフェノール、パントテン酸や鉄やタンパク質といった栄養素がバランスよく配合されています。冷たい青汁を飲むと身体を冷やしてしまいますが、お湯などでつくった青汁なら身体を冷やすこともありませんし、身体を温める効果もあるので冷え性を改善することができます。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム