青汁お役立ちコラム

青汁を飲むタイミングでおすすめなのは1日のうちいつ?


不足しがちな野菜の栄養素を手軽に補給できる健康食品として販売されている青汁は、病院で処方されるような薬とは違って、食前や食後といったタイミング、朝や昼などの時間帯に関わらず、いつでも好きなタイミングで飲むことができます。極端な話をすれば1日のどのタイミングでも飲むことができ、何杯飲んでも問題はないということです。


ただし、青汁に含まれる栄養素は多く摂取すれば良いというわけではなく、例えば食物繊維を過剰摂取すると下痢や腹痛などの問題も起こるので、ほどほどにしておかなければいけません。購入した青汁のパッケージにも1日の摂取目安量が書かれているはずなので、それを確認して適量で飲むことを忘れないようにしましょう。青汁を飲む時間帯やタイミングは、特に決まったものはありませんが、目的によっては効果的に働く時間帯というものもあります。


例えば栄養補給のために飲む場合は、起床してすぐに飲むのが良いと言われています。睡眠中は寝汗をかいたり、思っている以上にエネルギーを消費しているため、目覚めた直後は栄養を補給しやすい状態にあります。そのため、このタイミングで青汁を飲めば、体がしっかりと栄養素を吸収して全身に行き渡るようになります。


もしもダイエットを目的としている場合は、食事の量を制限するためにも、食前に飲むのが良いとされます。食事をしてからでは、通常通りの食事量に加え無駄に栄養素を補給してしまうためで、食前であればある程度の空腹感を満たすことができ、食事の量を減らすこともできるからです。青汁によって栄養素も十分に補給できるため、バランスの悪い食事になることもありません。


便秘解消や予防を目的とするのであれば、寝る前に飲むのがベストのタイミングとなります。ただし、食物繊維によって腸の活動が活発になってしまい、眠れなくなるということもあるので注意しましょう。どうしても寝付きが悪い場合は、飲むタイミングを早めたり、飲む量を調節するなど工夫をすると良いでしょう。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム