青汁お役立ちコラム

1日の野菜摂取量の目安は?青汁で野菜不足を補う?


青汁への期待度は、野菜不足の人が非常に時代には高まり、今では栄養補助食品として重宝されています。実際の効果については、半信半疑に感じる人がいますが、問題なのは実際に食べるべき量です。1日には350グラムの野菜を食べるように推奨されていますが、これは非常に難しいことです。350グラムの野菜を実際に集めてみれば、草食動物ではない人間にとっては、非常に食べにくい量であることも分かるはずです。


明日葉やケールなどの野菜は、そのままの状態では量がかさばる性質があり、歯ごたえもしっかりとしています。ところが、青汁に加工した段階では、独特な苦味や香りは残っていても、量は大幅に減ったように感じられます。コップ1杯ほどの量であっても、1日に必要なビタミンやミネラルの多くを補給できますから、青汁で野菜不足を解消することは可能です。


青汁だけで野菜を摂取する場合には、食事のバランスが崩れてしまうことがありますが、逆に考える場合には違ってきます。食事では無理をしない程度に野菜を吸収しながら、副菜の代わりとして青汁を使うようにすれば、負担を軽減させながら野菜不足を補えることになります。この考え方はサプリメントの摂取方法と共通するもので、相互的な目的によって、バランスを整えることを目指す習慣です。


野菜不足の人が増えていることは、現代の食習慣の変化によって、明確に分類することができます。幼い頃から極端に甘いものを食べて、微妙な味わいが特徴の野菜を拒否するようになれば、青汁の風味に対しても鈍感になってしまいます。このような影響があるために、最近の青汁は飲みやすさに配慮したものが多く、従来のイメージを一新させる取り組みが行われています。


普段の飲み物として利用しても美味しく、栄養価も十分に高い青汁であれば、現代人の味覚にも適合します。余計な甘味料を加えることもせずに、美味しさも十分に醸し出されていれば、野菜不足を解消する効果も高くなります。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム