青汁お役立ちコラム

青汁の原料として有名なケール・大麦若葉・明日葉について

ケール



青汁には、ケールがよく含まれています。ケール入りの青汁は、苦みや臭みがあるため、まずいこともあります。しかし、ケールには、多くの栄養素が含まれているため、魅力のある野菜です。


たとえばビタミンAが多く含まれています。視力回復や胃腸の活動を活発にするため、体調をよくしてくれます。また、ビタミンCも含まれています。美肌効果があり、肌荒れやニキビ、シミ等の改善に役立ちます。ビタミンEも含まれています。抗酸化作用があり、アンチエイジングに役に立ちます。


さらにケールは、食物繊維が多いため、便秘や下痢を解消し、腸内環境を整えてくれる働きがあります。動脈硬化やがん予防などにも、効果があります。
ケールの苦みや臭みによって、継続して飲むことを断念する人達も多くいます。こういった人達には、サプリメントでケールの入ったものが販売されていますので、気軽に飲みやすくなっています。野菜不足を気にする人達や、生活習慣病の予防のためには、栄養分の多いケールの存在を覚えておくと役に立ちます。


また、はちみつの入った、飲みやすいケール入り青汁もあります。苦みや臭みを感じないような工夫がされたものも出回っていますので、色々な種類を知り、試してみることもよい方法となります。


一度にたくさん購入をすることよりも、お試しセットのようなものも多く紹介されていますので、そういったものである程度の期間、飲んでみて、効果を知ることも大切です。自分たちの体質や生活に合う場合には、長く継続して購入をすると、よい効果があらわれてきます。購入をする場合には、様々な購入方法や割引制度などもありますので、よく検討をして選ぶようにします。


食物からだけでは、摂取しにくいような栄養分は、青汁などからとるようにすると、バランスのとれた食生活となります。また、青汁を飲んでいても、その他の食物はしっかりととるようにすることも、大切なことです。青汁に頼り切らないように、気をつけることも大切です。


大麦若葉



大麦若葉の青汁には自然の食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消に高い効果を期待できるでしょう。便秘は慢性化するとお腹が張ったような不快感がありますし、肌荒れや大腸がんなどの原因となってしまうこともあります。


便が毎日出ないと有害物質の影響が大きくなりますし、悪玉菌がタンパク質や脂肪などを腐らせて有害物質を発生させてしまうこともあるのです。有害物質の発生を防ぎたいという場合、腸内はできるだけ綺麗な状態にしておくことが大切です。


便秘は大腸がんの原因となりますし、高血圧や免疫力の低下などに繋がってしまうこともあります。便秘を効率よく改善したいという場合、自然な食物繊維が豊富に含まれた大麦若葉の青汁な飲み物と言えるでしょう。


大麦若葉の青汁は飲みやすいという特徴があり、独特の苦みや臭いなどがないので無理なく続けることができます。味にクセが無いということはもちろん、保存しやすいというメリットもあります。大麦若葉に含まれる食物繊維にはコレステロールや中性脂肪の吸収を抑えるという効果があり、ビタミンCやポリフェノールには悪玉コレステロールの酸化を防ぐという効果があります。


また、ポリフェノールは血管の弾力を保つという効果もありますし、できてしまった過酸化脂質をビタミンB2が分解してくれる効果もあるのです。大麦若葉の青汁にはさまざまな効果が期待できますが、飲みやすさとクセの無さを利用して他のハーブ類と混ぜて飲むのもおすすめです。ハーブ類には人間に本来備わっている自己治癒力を高めるという効果が期待でき、病気の予防に役立つと言われています。


人間の体には体温や血圧、血糖値などを一定に保とうとする機能があり、この機能が正常に作動しなくなることで体にさまざまな不調が現れてしまうのです。大麦若葉の青汁にハーブを混ぜることにより、症状が出たから抑えるのではなく、症状が出る前に病気を予防することができるでしょう。


明日葉


青汁で有名な明日葉は日本が原産地になっている貴重な野菜で、セリ科の一種に分類されて、八丈島の名産として昔から有名です。摘み取った後には、翌日には再び葉が成長するほどの生命力があるために、このような名前が付けられました。かつては不毛の地であった八丈島において、生命を養うための重要な食料として利用されていたものですが、現代人にとっても有益な魅力を備えています。


明日葉には驚異的に豊富な栄養が含まれていますが、凝縮しているビタミンCは美容を促進して、美肌作りもしてくれる成分です。ビタミンCを効果的に摂取するのは、最近の食生活の中では難しいのですが、明日葉を使えば限られた量であっても十分な量を摂取できます。脂溶性ビタミンとしてはビタミンEも多く含まれるため、血液をサラサラにしたり、老化を予防する効果も高くなっています。ビタミンEと同様に豊富なカロテンは、体内ではビタミンAに変化して美容を促進してくれます。


明日葉が人気となっている背景には、飲みやすい青汁の主原料としての知名度が高く、実際に多くの人が良さを体感している事実があります。他にも同様の青菜はありますが、明日葉のように強靱な生命力があり、利便性も優れたものは稀です。青汁にして加工すれば、美容や疲労回復に欠かせないビタミンB群も豊富に吸収し、免疫機能を向上させることができるのも人気の秘密です。


豊富に含まれる食物繊維は、腸内の環境を大幅に改善させて、お腹の健康も促進します。明日葉の青汁を飲むことによって、便秘解消とともにデトックスの作用を促進しながら、ダイエットの成功を目指す人も珍しくありません。カロリーは非常に低いにもかかわらず、健康を支える栄養は十分にあり、余計な老廃物を除去する働きもしてくれるのは嬉しいことです。


明日葉が含まれる青汁の栄養は万能的ですから、健康へ与える影響は幅広く、多くの世代にとって有益な働きをします。高血圧や肥満の予防をするために、家庭内では日常的な飲み物として利用できることも魅力です。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム