青汁お役立ちコラム

青汁に混ぜると美味しくなるものを紹介します


青汁を美味しく飲むためには、従来の発想を変えて、斬新なアイデアを生み出す必要があります。単純な飲み物として考えることはせずに、食事の前菜としても利用するように努力すれば、今までのイメージも変わります。特有な苦味を抑えながら、野菜が持っている甘味は残して、五感を刺激するような仕上がりを目指すことが大切です。


青汁には豆乳を混ぜて、香り付けとしてショウガを少しだけ入れると、風味が鮮烈な冷製スープに早変わりします。豆乳と混ぜる方法はお馴染みであっても、香味野菜を加えることを考えるのは、意外に難しいことです。ところが、苦味が際立つ青汁の中には、辛味が入るだけで大きな変化が生まれることになります。そのために、豆乳と一緒にコショウも少しだけ加えて、料理の前菜として利用することもおすすめです。


青汁の特有な苦味を甘味だけで抑えようとすると、美味しさが単調になることがありますが、酸味も強くすれば違ってきます。リンゴジュースを混ぜて飲みやすくすることは一般的ですが、少しだけの工夫を施せば、飲みやすさは大幅に向上します。リンゴジュースと一緒に黒酢やリンゴ酢を加えれば、甘味だけが際立つことがなくなる一方で、強い苦味も気にならない状態になります。マンゴーやオレンジを加える場合でも、有機酸が豊富な酢を加えることで、豊穣な風味にすることができます。


圧倒的なコクを加えて青汁を飲みやすくするために、ヨーグルトと生クリームを一緒に入れる方法もあります。ヨーグルトだけでは酸味のほうが強くなり、甘味が十分に出ない場合があるために、コクのある生クリームを加える方法は理にかなっています。生クリームのカロリーが気になる人は、低脂肪の牛乳を加えて、果物で酸味を補うことがおすすめです。


アレンジの方法では、芳香と自然な甘味が特徴の甘酒を加える方法もおすすめです。甘酒と青汁は全く違う風味を持っていますが、互いに合わさることで、全体的な風味はまろやかになります。


乳酸菌が混じっている青汁?



青汁が健康食品として注目を集めてから、かなりの年月になります。当初は苦いことが特徴であり、その苦さは健康に良い証拠だと思った人も少なくありません。しかし昨今のほとんどの青汁は、ますます飲みやすくなっています。中には抹茶と変わらない青汁もあります。


このように進化を遂げる青汁ですが、最近人気の青汁のひとつに乳酸菌入りのものがあります。乳酸菌と聞けば、ヨーグルトを思い浮かべるかもしれません。


もちろんヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。ヨーグルトは牛乳を発酵させて作られたものです。日本人が牛乳を日常的に飲むようになってからそれほど時間が経っていません。


比較的歴史の新しい発酵食品です。そのため日本人の腸はそれらを十分に消化吸収することができません。つまり日本人の体質に合うのは、植物性乳酸菌です。植物性乳酸菌とはどのような食品に含まれているのでしょうか。


日本人が古来から食べてきた漬物や玄米に含まれています。ところが食生活の変化に伴い、それら優秀な発酵食品の消費が減ってきました。その結果さまざまな不調が見られるようになったと言われています。青汁に含まれているのはほとんどが植物性乳酸菌です。


では実際どのような効果があるのでしょうか。多くの人が実感していることは、お通じがよくなることです。その理由は乳酸菌が腸内に作用するためです。腸内環境が整い、腸の動きが正常になることを助けます。


味は一般的な青汁とほとんどかわりません。青汁だけでもビタミンやミネラルが含まれています。忙しい現代人が手軽に栄養を摂ることができます。そこへさらに乳酸菌が入ることでより高い栄養価を期待できることが人気の理由です。


もちろんどれほど優れた青汁であっても薬ではありません。野菜や果物を含んだ、バランスのとれた食生活は欠かせません。また予防医療でも注目されているように、良い質の睡眠は最も重要でなおかつお金のかからない健康法です。


子供でも青汁が飲める?



最近の青汁はとてもおいしくなってきているので、たいていのものは子供でも飲んでくれます。ですが、その中でも野菜嫌いの子どもでも飲んでくれる美味しい青汁となるとまずは、こどもフルーツ青汁というものがあります。


この商品は管理栄養士が開発をしたもので、子供の成長に必要な栄養をしっかりと補給できるようになっているにもかかわらず、美味しく飲めるので、野菜嫌いの子供にはお勧めです。


開発コンセプトが野菜嫌いのお子様向けですから、野菜をあまり食べない子供にはピッタリです。毎日飲むために美味しくなっているのは当たり前ですが、一日に飲む量が50?75mlとコップ一杯もないぐらいでいいというのもオススメポイントです。


これなら野菜嫌いのお子様でも続けて毎日飲むことが出来るでしょう。子供に必要なカルシウムも多く含み、ビフィズス菌などの善玉菌も多く含んでいます。


また、サンスター健康道場のおいしい青汁というのもおすすめです。これは缶のタイプになっていて、一日一缶を飲めばいいというものです。わかりやすくて、手軽に飲むことが出来るのが特徴です。無添加で砂糖や香料などを一切使用していませんから、その点でもお子様にはおすすめです。


味はリンゴ風味に仕上がっていて、野菜独特の青臭さというものが全く感じられません。一缶あたりリンゴを3/4個使用しているということで、リンゴの甘味をしっかりと感じることが出来るようになっています。それでいて野菜をすりおろした感じはそのまま残しているので、野菜を摂っているという感じも出てきます。多くの野菜を摂っている贅沢感を感じつつも美味しくいただけるというわけです。


また、缶にすでになっているので持ち運びが簡単に出来ます。お弁当に付けて持ち歩くといったことも出来ますから、忙しいお子様でも大丈夫です。1日一缶という続けやすい状態になっていることや、缶になっていることでいつでも飲めるようになっているところがオススメポイントです。


人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム