青汁お役立ちコラム

青汁と野菜ジュースは何がどう違うんですか?


日頃の野菜不足を補うには、野菜ジュースや青汁がおすすめです。ドリンク用として野菜を凝縮しているため、簡単に多くの野菜の栄養を取ることができます。


野菜ジュースと青汁の違いですが、大まかに見れば両者とも同じ健康効果を持っています。好きな方を飲めばよいですが、細かい部分で見ると両者には違いがありますので、その部分をじっくりと確かめてから、選択することをおすすめします。


野菜ジュースの特徴ですが、全体的に甘みを強くしており、誰でも飲みやすく調整されています。子供からお年寄りまで無理なく飲めるのが魅力です。野菜だけでなく、果物も原材料として含まれるため、両方の栄養を一気に補給できます。


すぐに飲めるように加工されていることから、ペットボトルのキャップを開けたり、紙パックの口を開けるだけで、手間なく飲むことができます。スーパーやコンビニ、自動販売機など、あらゆる場所で販売されており、入手の難易度が低くなっています。


不満な点としては、糖分が多く、カロリーが若干高めです。加熱処理をしていますので、熱に弱いビタミンや酵素が減少しがちなのが気になる部分です。開封後は冷蔵庫での保管が必須で、すぐに飲まなければなりません。


青汁の特徴は、特殊な製法で作られいるため、製造過程でビタミンが壊れにくいという魅力があります。ミネラルや食物繊維のバランスもとれています。さらにポリフェノールや酵素が含まれる商品も、よく見かけられます。


甘みが少ないものの、糖分が少ないため、カロリー控えめです。粉末タイプであれば、保管がしやすく、携帯することもできます。冷蔵庫に入れる必要もありません。


不満点としては、味に癖があるため、人によっては飲みにくく感じられます。売られているところが限られており、入手難易度がやや上がります。欠点もありますが、野菜ジュースよりも栄養が豊富でヘルシーな青汁のほうが、日常的に飲むにはおすすめだといえます。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム