青汁お役立ちコラム

青汁と温度の関係|温めたり凍らせたりしても大丈夫?


健康な身体や美しい身体を手に入れて維持するには、身体に必要な栄養素をしっかり摂取し続ける必要があるものです。そしてそういった栄養素は、3食の食事でしっかり補うのが理想ですが、忙しい現代人は栄養バランスの整った食事を用意するのは難しいと言えます。なので食事以外の方法で、不足しがちな栄養素をしっかり補う事により、健康で美しい身体を手に入れる事が可能です。


そういった食事以外の栄養素の補給で代表的な物の1つが、青汁です。青汁というのは、選ぶ商品等により材料に違いはありますが、基本的に野菜や果物を豊富に含んだ飲み物となっています。具体的に得られる効果としては、食物繊維が豊富に摂取出来るので腸内環境を整える事が出来て、便秘に悩む人は改善効果を期待する事が可能です。


更に身体に必要な栄養素が、豊富に含まれているため、生活習慣病の予防効果が期待出来る上に、貧血改善等の体質改善効果、ニキビや吹き出物の予防効果や美肌効果等、実に様々な健康効果や美容効果が期待出来ます。


しかも青汁は飲む事で、そういった豊富な栄養素を一気に摂取出来るので、時間がなくて忙しい現代人でも続け易いです。ただし青汁というと、生臭くて飲み難いというイメージがどうしてもあるものです。ですが、最近では生臭さや独特の癖も軽減されており、更に牛乳等を加える事により、かなり飲み易くする事も出来ます。


そんな青汁は、冷たいまま飲むというのが基本です。ですが毎日飲み続けてこその物なので、寒い冬には出来れば温めてホットで飲みたいという人もいたりします。もっともそんな風に温めて飲んで良いかどうかは、購入した商品の製法によるので注意すべきです。というのも青汁には熱に弱いビタミン類が豊富に含まれており、中には加熱するとそのビタミンが壊れてしまう恐れがあります。


ですが加熱処理で作られた物なら、加熱しても大丈夫な形で出来ているので、温めても大丈夫です。


更に逆に冷凍する場合はどうかですが、冷凍タイプで売られている青汁は、加熱処理されたタイプよりも栄養素が豊富だったりします。なので、長期間保存するための冷凍は特に問題ないです。



人気のフルーツ青汁

 

青汁にはどんな効果が?

 

青汁お役立ちコラム